設備・構造

面で支えるベタ基礎。

建築基準法を大きく上回る安定性を確保。

線ではなく面で支えるため、建物の沈下を防ぎ安定させます。また建築基準法を大きく上回る高さを確保しシロアリ等の浸食も防ぎます。

建築基準法を大きく上回る安定性を確保。

全方向喚起の床下

高い防湿性で、害虫・腐朽菌の発生を防ぐ。

基礎パッキンを使用し、強度を保ちつつ全面に換気口を設けることで、全方向換気を実現しました。

断熱性の高さが魅力。

夏は涼しく、冬は暖かい、高断熱の住まい。

断熱材(グラスウール)を、壁に加え天井・床まで敷き詰め、また主要な窓には空気層で結露・湿気を防ぐペアガラスを採用。高い断熱性を発揮し、年中快適な空間と光熱費の削減を生み出します。

安心をお約束する、10年保証とアフターサービス。

(財)住宅保証機構による住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」加入。

新築住宅は基本構造部分(柱や梁、基礎、床など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の侵入を防止する部分)に10年間の瑕疵担保責任が義務づけられており、当社では(財)住宅保証機構による長期10年保険証券が発行されていますので安心です。また地元密着の製販一貫体制による万全のアフターサービスで対応します。

ページのTOPへ戻る